プレゼント

2014年の母の日は?
郵便局の母の日ギフト
イオン母の日ギフト
50・60代へのプレゼント
アクセサリーのプレゼント
義母へのプレゼント
フラワーギフト
高級料理のプレゼント
若い世代へのプレゼント
心ときめくプレゼント
人気スイーツ
笑顔になれるプレゼント
プレゼントを購入するなら

2014年の母の日はいつ?

お母さんへの感謝の気持ちを込めて、心からお祝いしてあげたい「母の日」。
5月の第二日曜日と覚えていても、いざ日付が出てこないと困ってしまいますね。

今年、2013年の母の日は5月12日ですが、来年以降は以下の通りになっています。

2014年:5月11日
2015年:5月10日
2016年:5月08日
2017年:5月14日
2018年:5月13日
2019年:5月12日
2020年:5月10日

記念日をきちんと守ってほしいお母さんには、ちゃんとその日のうちにプレゼントや花などを届けてあげたいですが、
日付にはこだわらないよというお母さんなら、日曜日を過ぎてしまっても問題はないと思います。
またhttp://xn--u9jv32ntyd.ws/store.htmlにも書いてあるように、忘れないように(もしくは母の日の都合がつかないので)前日の土曜日に祝うという方法を取っている方もいるようです。

とはいえ、お母さん自身の気持ちはお母さんにしか分かりません。
心のどこかで「今日は大切な日だから祝って貰えたら嬉しいな」と考えているかもしれないですから、
もし何らかの事情や「ど忘れ」で母の日を祝えなかったときは、きちんと忘れていたことを伝えて謝りたいところです。

母の日の定番といえばカーネーションですが、多くのお母さんは花にプラスして食べ物やプレゼントを添えてあげるととても喜んでくれます。
もしも花だけ用意していて、プレゼントを買わないでいたら、お母さんにとってはちょっと期待はずれかも?
そんなときは、無難にプレゼントを用意するか、お母さんの欲しいものを聞いてみると良いでしょう。

突然浮かばない場合は肩を叩いてあげたり、食事を作る、掃除するなどお母さんにとって負担となるようなお手伝いをしてあげても喜ばれるのではないでしょうか。

特に専業主婦の場合、毎日の家事や炊事は同じことの繰り返しであるため、肉体的にも精神的にも結構な負担になっています。
たまには羽をのばして、のんびりとくつろげるような日をプレゼントしてあげれば間違いなく喜んでもらえるでしょう。