プレゼント

2014年の母の日は?
郵便局の母の日ギフト
イオン母の日ギフト
50・60代へのプレゼント
アクセサリーのプレゼント
義母へのプレゼント
フラワーギフト
高級料理のプレゼント
若い世代へのプレゼント
心ときめくプレゼント
人気スイーツ
笑顔になれるプレゼント
プレゼントを購入するなら

感謝も込められるフラワーギフト

母の日のプレゼント、何にしようかと毎年悩んでしまいますね。
世界に一人だけのお母さんには、日頃ちょっと恥ずかしくて言えない感謝の言葉がきちんと伝わるような母の日ギフトを贈ってあげたいものです。

感謝を込めて贈りたいギフトの代表格は、やっぱり定番のフラワーギフトがいちばん。
動物をあしらった可憐なフラワーギフトや、ずっと飾っておけるドライフラワー、保存のきくプリザーブドフラワーなど形として残しておけるものもよし、新鮮な生花をボリュームたっぷりの花束やアレンジメントフラワーにして贈り物にしてもOKです。

お花を贈る時は、デザインや使われている花の種類もそうですが、入れ物にもこだわってみましょう。
バスケットに入っているもの、箱のなかに生けられたもの、直置きしてそのまま飾れるのか、一度生け直さなければならないものなのか、あるいは壁に引っ掛けたりして飾るタイプなのか、どんなものがお母さんの住まいに合うか考えて選んであげましょう。
とにかく豪華にしたい!という場合はボリューム満点の花束などがありますが、花束を贈る時はできれば入れ物に入ったもののほうが手間が少なく喜ばれます。

お花を選ぶ際のポイントとしては、「色」も大切です。
母の日といえば赤やピンクを思い浮かべますが、お母さんのイメージに合った色から選んであげると、とても気が利いていてスマートなプレゼントになるかもしれません。
ブルー、パープルのような寒色系なら人に媚びないクールなイメージですし、オレンジやイエローなど夏っぽい色合いのお花なら一目見るだけで元気な気持ちになれそうです。

生花でブルーやパープルのお花を選ぶとき、気に入った花が見つからないこともあります。
特にバラなど人気の花には青系の色が無いので、紫のバラなどはプリザーブドフラワーから探すと良いでしょう。
レインボーに着色されたものやラメが入ってキラキラなアレンジメントもありますので、組み合わせて贈り物にしてもいいですね。